審査の厳しさは実質年率から、ある程度予想できます。金融機関は貸し倒れのリスクを負うため、そのリスクを少しでも低くするために審査は慎重になります。
逆に審査が甘い金融商品はリスクの高さを考慮されているため、実質年率は高くなってしまうのです。おまとめローンも例外ではありません。

また借金の回収ノウハウが整っている金融機関も貸し倒れのリスクが低くなるため、審査が甘くなりやすい傾向があります。そのような点から考えると消費者金融を利用する方が良いと言えるでしょう。
消費者金融のもう一つの利点は個人融資を得意としている点です。
銀行よりは高い金利にはなりますが審査が通りやすいので検討してみるのも良いでしょう。

銀行のおまとめローンには無担保、保証人不要のものがありますが、それは保証会社の審査で決まります。審査が通れば低金利で融資を受けられます。
もし審査が通らなければ、消費者金融系の保証会社に審査が移行されます。そこで審査に通れば金利は多少上がりますが、融資を受けることが可能になります。
このことから金利は低いほど審査は厳しく、高いほど審査は甘くなるということが言えます

【ローンなのにお金を借りないおまとめローンとは】
金融商品の中でも、最近人気なのがおまとめローンと呼ばれるものです。これは複数の金融機関からローンをしている場合、一つの金融機関から借り直し返済先を一本化するものです。このためバラバラだった返済日を一つにでき、手数料の節約にもなります。
また金利が安くなることが多く、返済の負担を軽減できます。
これが一般的に言われているおまとめローンですが、お金を借りないとはどういう事でしょうか。
例えば複数の借入先があるので、毎月の返済日、返済額も複数あることになります。
その複数ある借入先をおまとめローンで一本化します。その後、おまとめローンを利用した金融機関に返済を代行してもらいます。
ここで総量規制の疑問を持たれる方がいらっしゃるかもしれませんが、おまとめローンは総量規制の対象にはなっていません。総量規制は年収の3分の1までを消費者金融の借入の限度としていますが、おまとめローンは新規の融資とは違うものとして区別されています。そしておまとめローンの目的は借金をすべて返済することを目的としています。ローンの返済額をまとめることによって高額になるのは当然のことです。ですからこのようなことが配慮されているおまとめローンは、総量規制からは対象外にされているのです。