借入先を一本化できるおまとめローンには、返済する側に多くのメリットがあります。
銀行の振込手数料が減る、返済資金の準備時間に余裕ができる、金利が下げることが出来た場合は、返済総額を減らすこともできます。
ですが、実際おまとめローンを利用しようとしたとき、どこの金融機関が良いのか迷ってしまうのでしょうか。なるべくなら、審査が通りやすい金融機関がいいところを利用したいはずです。どのような金融機関なら審査が通りやすいのでしょうか。

それは意外に思われるかもしれませんが、銀行系消費者金融、もしくは銀行です。
銀行のおまとめローンを利用するメリットは総量規制の対象外です。もし借入総額が年収の3分の1を超えている場合でも、銀行では融資が可能です。
ですが銀行では審査が厳しいことも確かです。特に過去の返済履歴が重視されます。過去の返済に遅延や不履行がある方は審査に通る確率がかなり少なくなります。
そしてこれも意外に思われるかもしれませんが、公共料金や家賃、日常の支払いにおいて、遅延や滞納が多い方は注意が必要です。これらは金銭管理能力の一つとして信用につながります。
こういった金融機関のチェックをパスして、審査を通ることができます。反対にこうしたチェックの甘い金融機関は違法業者か違法ぎりぎりで営業している業者として怪しむべきです。

【借入はおまとめローンでお得に返済】
複数からローンの返済をしていると、返済額や返済日がバラバラで、どこの金融機関にいくら返済したのか、またどれぐらい残っているのかなどが分かりづらく返済計画も立てにくくなりがちです。最近それらの返済管理を楽にする「おまとめローン」という方法が注目されています。このおまとめローンは借入先を一本化することにより、この返済管理を楽にしてくれます。これは一つの金融機関から返済額分を借り、一度借金を返済します。
そして借り入れた金融機関にお金を返済するという方法です。
この方法のメリットは、金利が今までより安くなることが多いということと、返済管理が樂になるということです。
また借入先が高い金利だった場合、金利が安くなるので返済額の差で得をすることが多くなります。もし複数の金融機関で返済をしているなら、おまとめローンを検討してみてはどうでしょうか。

【銀行系のおまとめローン、実際はどうなの?】
おまとめローンを利用する方は、増えていく傾向にあります。カードを使用して支払いすることが当たり前になった近年は、複数の契約をした事で負担が増えてしまうことがあります。そのような時、おまとめローンを利用して負担を軽減するために利用する方もいます。

おまとめローンは銀行で利用する方が多いのですが、おまとめローンは消費者金融でも利用することが出来ます。銀行系消費者金融ではさらに広まっているようです。
おまとめローンのメリットとして、低い金利で利用できるのですが銀行系カードローンは、それ以上に低い金利で利用できます。カードローンの使用頻度などそれぞれのケースにもよりますが、金融機関側からおまとめローンの提案をしてくる場合、より安い金利で返済できることが多いので、検討してみる価値は大いにあります。