おまとめローンは様々な金融機関で扱われているので、自分に合った金融機関でおまとめローンを利用しましょう。
まず注意点としては総量規制です。
信販ローンクレジット会社で利用する場合、裁量規制に注意しましょう。年収の3分の1を超えていると利用できません。この場合は銀行のおまとめローンがおすすめです。

銀行なら低金利で融資限度額が高いのがメリットです。もうひとつのメリットは、銀行は貸金業者ではないため総量規制の対象から外れます。総量規制でほかの金融機関でおまとめローンが利用できない場合は、銀行でのおまとめローンを検討してみましょう。ただし銀行の場合は審査が厳しくなることは覚えておきましょう。
銀行でもネット銀行や第二地銀などでも利用できるところがあります。おまとめローンを扱うところが増えているので探してみましょう。

消費者金融でおまとめローンを利用する場合のメリットは審査が早いことです。
ほとんどの消費者金融で30分~即日で審査が通ります。

【カードローンと消費者金融ローンの違い】
カードローンとサラ金などの消費者金融のローンを比較したとき、どのような違いがあるのでしょうか。
カードローンでは限度額内であれば、いくらでも引き出し可能な状態です。
限度額も減額されることはめったにありません。カードローンの場合はそれがメリットと言えます。ですがそのメリットも、借金とは自覚せずに利用してしまうとデメリットでしかありません。カードローンは自分の返済能力を考えて利用しましょう。

消費者金融ではどうでしょうか。消費者金融では一度の借り入れの度に審査が必要になります。限度枠内の借り入れでも同様です。特に中小企業の消費者金融にはこの傾向が多いです。これは貸し倒れを防ぐのが目的です。また借り入れの度の審査によって返済トラブルを未然に防いでいます。
【おまとめローン利用前の注意点】
おまとめローンを利用するにはどこの金融機関でも審査が必ずあります。金融機関ではどこを重視しているのでしょうか。
じつは金融機関が特に重要視しているのは、返済履歴と借入履歴です。この二つは金融機関では慎重にチェックされます。特に念入りにチェックされるのは返済履歴です。
ここの部分をパスしないと審査が通りません。
金融機関が重要視する理由はいたって単純です。借金の返済に滞りがある人にお金を貸すのは会社としては非常にリスクが高くなります。
返済履歴で遅延の常習や、不履行などがあれば返済能力に問題ありと見なされて、審査を通ることが出来ません。

そして次に注意する点は、申し込みの際にぜったいに虚偽の申告をしてはいけません。
複数の借入先をしている場合、借入先を少なく申告すると金融機関側で虚偽と受け取られます。銀行でも消費者金融でも、借入データを信用できる情報機関から情報を得ています。
そのため虚偽の場合はすぐに発覚します。
虚偽だと発覚した時点で審査に落ちる可能性があります。
金融機関でおまとめローンを利用する場合は、過去の返済状況、信用の二つが要になります。